出展企業

TKPガーデンシティ渋谷@APRIL 20th 2018

1.株式会社ナビタイムジャパン
http://corporate.navitime.co.jp/

「ビッグデータを活用した分析事例を展示します。
Web上で「誰でも」道路交通分析ができる「道路プロファイラー」や、ナビタイムジャパンが提供するインバウンド向けナビアプリ「NAVITIME for Japan Travel」の移動ログデータを活用したインバウンド動態分析の事例などを紹介します。
「交通の最適化」、「地方創生・活性化」、「インバウンドマーケティング」、「ビッグデータ分析」などのキーワードに興味のある企業様、学生様、ぜひブースまでお越しください。

2.インクリメントP株式会社
http://www.incrementp.co.jp/
3.株式会社MIERUNE
http://www.mierune.co.jp/

MIERUNE地図として、OpenStreetMapを独自スタイルで提供しており、
1.低コストでの導入が可能
2.印刷などへの二次利用が可能
3.さまざまなデザインに対応
といった特徴を持っています。
OpenStreetMapやweb地図の活用、地図データの配信について展示します。
また、MIERUNEは位置情報可視化・解析に広く使われているオープンソースデスクトップGIS「QGIS」のスポンサーとなっています。
QGISの利活用、プラグイン開発についても紹介します。

4.株式会社ヴァル研究所
http://www.val.co.jp/

「駅すぱあと路線図」は全国の鉄道網を1枚で表示するWebベースの路線図です。
お客様の様々なデータとのAPI連携により、路線図上に物件情報やアルバイトの募集情報などの表示ができます。
集客やお客様満足度の向上につながるWebサービスやスマホアプリが簡単・低コストで開発できます。
「駅すぱあと路線図」 は2017年度グッドデザイン賞を受賞しています。
■特徴
・シームレスな路線図
エリアごとに路線図の切り替え不要!全国の路線図をシームレスな1枚で表示できます。
・スマホでもサクサク見られる
路線図の拡大・縮小、スクロールはスムーズ!PCはもちろん、スマホでもサクサク使えます。
・API連携でデータを活用
「駅すぱあと路線図」のAPIとお客様保有の各種データを組み合わせることにより、路線図を使った多彩な表現が可能です。

5.アクアコスモス株式会社
http://www.aquacosmos.co.jp
6.ヤフー株式会社
http://www.yahoo.co.jp/

ヤフー株式会社は「Yahoo!カーナビ」のプローブ情報についてご紹介します。
「Yahoo!カーナビ」は累計1300万DLを誇るカーナビアプリです。
Yahoo!カーナビのプローブ情報は、実際にアプリを使ったユーザーの走行データを収集・集計したもので、マーケティングや道路開通の影響調査・OD分析等、
様々な用途にご活用いただけます。

7.NTT空間情報株式会社
http://www.ntt-geospace.co.jp/
8.LIFE STYLE株式会社
http://l-s.co.jp/

LIFE STYLEは、VRを軸に事業を展開しているベンチャー企業です。
自社で「Flic360Make」というVR制作ツールを開発し、誰もがが簡単にVRコンテンツを制作・活用できるサービスを提供しています。

9.ジョルダン株式会社
http://www.jorudan.co.jp/

ジョルダン株式会社は、「行き方案内」と「MovEasy」をソリューションとして出展します。
「行き方案内」は最寄り駅やバス停、観光スポットから飲食店まで、全国のあらゆるスポットを検索でき、ルートを案内するアプリです!
従来の「乗換案内」を発展させて、「今いる所」から「行きたい所」への最適なルート導出を行い、併せて音声での徒歩ナビゲーションも可能です。
※日本で一番多くのバス会社(路線バス・コミュニティバス・高速バス等)のルート検索にも対応しています(2018年4月9日現在)
「MovEasy」は交通事業者様向けの時刻表・運賃・経路・バス接近情報案内をワンパッケージ化したWebサービスです。
バスや鉄道など生活に根ざしている公共交通の「わからない」を「わかりやすく」伝えることをモットーに各交通事業者様の公式サービスとして広く導入されております。
地図サービスと連携することで、「現在地からの検索」を可能にするだけでなく、バス位置情報取得システムとの連携で、リアルタイムにバスの接近情報や位置情報もご覧いただけます。

10.株式会社インフォマティクス
http://www.informatix.co.jp/

公共団体、民間企業を問わず幅広い分野でご採用いただいているGIS
[GeoConic/GeoCloud]、[SIS/SpacialInformaionSystem] を提供している株式会社インフォマティクスです。
ビックデータ、高速処理、多彩な表現、業務への適合をキーワードに進化を続けています。
AR/VR/MR技術を利用した最新の空間情報の利活用技術も合わせて展示致します。

11.株式会社ニシムラ精密地形模型
http://www.nishimura-mokei.com/

プロジェクションマッピングに「お絵かきシステム」を附帯した模型を出展します。
本年度座間市消防本部が導入したPMシステム(当社製作)の小型版を製作したものです。是非体験しにいらしてください。
ブラタモリに提供している模型も展示します。

12.ジオマーケティング株式会社
https://geomarketing.co.jp/

ジオマーケティング株式会社は「地域の数だけ最適解(こたえ)がある」をキーワードに、ライフスタイルマップGeodemo(ジオデモ)を提供しています。
Geodemoは、平成27年(2015年)に実施された最新の国勢調査の小地域統計と平成28年(2016)の住宅地価公示価格をベースに、日本全国の約21万大字町丁目を、ライフステージ(家族の成熟度)とライフスタイル(居住環境)を軸に10グループ74セグメントに分類しています。
www.geodemo.jpでは、会員登録することで無料でGeodemoマップを閲覧することができます。

13.株式会社ブログウォッチャー
https://www.blogwatcher.co.jp/

2007年にリクルートの社内ベンチャー制度からスタートし、電通とのジョイントベンチャーとして設立された、ロケーションインテリジェンス企業。
スマートフォンアプリから取得される2000万MAU、100億/月レコードの位置情報データを、企業のマーケティング施策の分析や効果測定に利活用し、また、データ販売や可視化データの作成も行う。

14.マルティスープ株式会社
https://www.multisoup.co.jp/

マルティスープ株式会社は「つくる喜び、つかう喜び」をモットーに、地図と位置・空間情報をつかいお客様の業務を効率化をはかる「iField(アイ・フィールド)」、屋内測位技術を活用したソリューション「iField indoor(アイ・フィールド インドア)]の開発・提供を行っています。
本展示では、熊本県立大学での被害調査の活用事例紹介をはじめ、インフラ・工場・倉庫・病院など、様々な“現場”を可視化・効率化の支援を行った事例をご紹介いたします。
中途・新卒採用とも行なっております。ご希望の方は、直接お声がけください!

15.株式会社電算システム
http://www.densan-s.co.jp/

2006年より Google ビジネスに着手した当社は、国内第一期の Google Cloud パートナーに認定されました。
また、国内唯一の「One Google サービス企業」として、グループウェア、マップ、テレビ会議、 クラウドインフラストラクチャ、 Chrome 端末やデジタルサイネージなど、お客様のニーズを満たす 各種 Google ソリューションを、ワンストップでご提供することが可能です。

16.株式会社ディー・エヌ・エー
http://dena.com/jp/

DeNAはインターネット黎明期の1999年に創業し、モバイルプラットフォームを中心にゲーム事業、EC事業を事業の柱として成長してきました。
2015年5月にはオートモーティブ領域への新規事業展開を開始し、様々な交通課題を解決するためのサービスを展開しています。
展示ではタクシー配車アプリ タクベルなどオートモーティブ事業のご紹介をさせていただきます。

17.株式会社ゴーガ
http://www.goga.co.jp/

株式会社ゴーガは、Google Mapsのプレミアパートナーとして、Google Maps API Premium Planの販売及びシステム開発を承っております。
デニーズやマクドナルドでも採用されている店舗検索システムGOGA Store Locatorや、動態管理、営業支援、安否確認など、JAPAC Partner of the Yearも受賞した技術力とフットワークでお客様の課題を解決するための地図活用をご提案しております。



出展団体

TKPガーデンシティ渋谷@APRIL 20th 2018

1.農業・食品産業技術総合研究機構
http://www.naro.affrc.go.jp/
2.青山学院大学 古橋研究室
http://furuhashilab.com/
3.NPO法人 クライシスマッパーズ・ジャパン
http://crisismappers.jp/
4.GIS NEXT
http://www.nextpb.com/gisnext/
5.The OpenStreetMap Foundation Japan
http://www.osmf.jp/
6.名古屋大学 河口研究室
http://www.ucl.nuee.nagoya-u.ac.jp/

名古屋大河口研究室では磁気センサを使った屋内位置推定や自動運転社会でのシナジー創出など、様々な研究を行っています。
今回はその中から、磁気でスマートフォンの3次元位置を推定する研究、深層学習を使ったPDR(Pedestrian Dead Reckoning)に関する研究、
自動運転の先を考える新プロジェクト「Synergic Mobilityの創出」を紹介します。

7.国土地理院
http://www.gsi.go.jp/

国土地理院が提供する地図データ「地理院タイル」をご紹介します。
地理院地図(https://maps.gsi.go.jp/)でご覧いただける地理院タイルは、多くのウェブ地図API等が対応している一般的な仕様で整備されており、
サーバにアクセスして常に最新のデータをご利用いただくことができます。
標準的な地図の他、年代別の空中写真や防災情報、標高データなどがあり、内部利用・商用利用も含めてオープンデータとして無料でご利用いただけます。
また、現在は画像である地理院タイルをベクトルで提供する試み「ベクトルタイル提供実験」も実施しており、多様なデザインの地図作成など、地理院タイル活用の新たな可能性を提案します。

8.一般社団法人イトナブ石巻
http://itnav.jp/
9.東京大学 瀬崎研究室(伊藤昌毅氏)
http://www.mcl.iis.u-tokyo.ac.jp/
10.ジオライター 片岡義明氏
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/chizu/
11.Maplat
https://github.com/code4nara/Maplat/wiki

フルスクリーン表示

Praesent sed convallis nisi